ふるさと納税とは

ふるさと納税の仕組み

生まれ育った地方から進学や就職をきっかけに都会に出た人たちは、都会で税金を納めることになります。このままでは、都会の地方自治体は税収が増えるばかりで、生まれ育ったふるさとには税金が入らなくなってしまい、地方の税収は減るばかりです。そこで、生まれ育ったふるさとにも自分の意志で納税できる仕組みを作るためにふるさと納税は生まれました。

ふるさと納税することで地方自治体の税収が増えれば、地方自治体の活性化を推めることができるのです。
 

税金の控除と自己負担額

ふるさと納税には「納税」という言葉がついていますが、実際には自分選んだ都道府県や市区町村への「寄附」のことです。ふるさと納税は、好きな地域(都道府県・市区町村)にできるのです。

自治体に通常の寄附をした場合、確定申告をすることでその寄附金額の一部だけが所得税及び住民税から控除されますが、ふるさと納税をした場合は、自己負担額の2,000円を除いた全額が控除の対象となります。

ふるさと納税は、税金の一部を地方に寄付することで地方活性化に役立てることができ、年収ごとに控除額の上限はありますが、寄付した金額から2,000円を差し引いた金額を全額控除されるので、寄付される側と寄付する側のお互いにとてもメリットのある制度です。

年収600万円(所得税20%、住民税10%)の人がふるさと納税をしない場合、1年目と2年目に支払う税金の合計は360万円ですが、税金を控除されることはなく、お礼品ももらえません。

年収600万円(所得税20%、住民税10%)の人がふるさと納税をした場合、1年目と2年目に支払う税金の合計は353万4000円です。さらに、実質2,000円で、例えばお肉や、カニなど、お好きなお礼品をもらうことができます。


ふるさと納税として寄附できる金額には、収入や家族構成等に応じて一定の上限があり、医療費控除や住宅ローン控除を受けている場合には、ふるさと納税で寄付できる金額の上限に影響がある場合があります。

また、寄付した金額が、あなたの年収に応じた上限額を超えてしまうとその分は控除の対象になりませんので、控除額シュミレーションで算出した金額よりも少なめに寄付をすることで上限額を超えないようにしなければ、逆に損をしてしまいますので注意が必要です。

下記のリンク先のページでは、年収に対応した控除シュミレーションができるので、あなたの場合はおおよそいくらまで寄付できるのか、こちらで確認してみてください。

控除シミュレーション

 

確定申告とワンストップ特例制度

税金の控除を受けるためには、原則として確定申告をしなくてはいけませんが、会社勤めをして働いている人の場合、平成27年4月1日からふるさと納税を行う自治体の数が5団体以内であれば確定申告をする必要のない「ふるさと納税ワンストップ特例制度」を利用できるようになり、より手軽にふるさと納税ができるようになりました。
ワンストップ特例制度についてさらに詳細を知りたい方はこちらから確認してみてください。

ワンストップ特例制度とは?

確定申告とワンストップ特例制度

 

ふるさと納税サイト

品物の調達から在庫管理、発送までを請け負ってくれるのがふるさと納税サイトです。

ふるさと納税サイトは会員登録、年会費などが無料で、クレジットカードでのお支払いも可能ですから、寄付金をすぐに希望する地方自治体に支払うことができます。クレジットカードで支払うことにより、クレジットカードのポイントも貯めることもできます。ふるさと納税をする際にふるさと納税サイトから申込みをしたり、決済をすることで、寄付金の手続きや納税額の管理がとっても簡単にできるようになります!

◆ふるさと納税サイト一覧
サイト 運営会社 特徴
ふるさとチョイス 株式会社トラストバンク 寄付できる自治体数が最も多いサイトです。
わが街ふるさと納税 株式会社サイネックス 自治体が住民に配布する行政情報誌などを手がける株式会社サイネックスが運営しています。直接自治体に申し込が可能な自治体についてはお礼の品集めから発送の手配、寄付情報の管理までを一括して請け負ってくれますが、申し込みはできないけれど情報だけを掲載してある自治体も多いです。
さとふる ソフトバンクグループ お礼の品集めから発送の手配、寄付情報の管理までを一括して請け負ってくれます。また、内容や申し込み方法に不安や疑問がある時には「さとふるコールセンタ(問合せ専用)」に問合せができるので、安心してふるさと納税ができます。
ふるぽ JTB西日本 寄付者にポイントを発行し、お礼品と交換してもらうシステムです。
ふるなび アイモバイル お礼の品集めから発送の手配、寄付情報の管理までを一括して請け負ってくれます。家電製品のお礼品がある自治体を掲載しています。
ふるさとエール 株式会社エフレジ 「高島屋」が厳選したお礼品を掲載しています。
ANAのふるさと納税 ANAグループ 寄附金額100円につき1マイルを貰えます。
skyticke 株式会社アドベンチャー 寄附の返礼として寄附先の地域へ訪れる“地域密着型”のツアーを掲載しています。
楽天ふるさと納税 楽天株式会社 楽天スーパーポイントが貯まります。

 

使い勝手の良さではNo1の「さとふる」

ふるさと納税のサイト「さとふる」は、会員登録をするとマイページで他のサイトや個別に寄付した金額や商品も、「さとふる」で寄付したものと一緒に管理することができるので、控除額上限まであとどれだけ寄付できるのかがわかりやすくて、とても便利です。

また、確定申告やワンストップ特例申請をする際の用紙をダウンロードできたり、手順についてもわかりやすく解説してくれていますよ。内容や申し込み方法に不安や疑問がある時には「さとふるコールセンタ(問合せ専用)」に相談ができるので、安心してふるさと納税ができます。

WEBでふるさと納税!さとふる
 



 

 



ふるさと納税 さとふる

 


 

 

 


 

ページトップへ